医療機関で腰痛改善|薬や器具であんしん治療

病棟

最期の迎え方

看護師

世田谷区周辺でも人気を集めているのが、在宅医療です。病院でではなく、自宅で最期の時を迎えたいという人が多い一方で、医療機関や患者家族などの様々な事情により行なうことが出来ずにいるのが現状と言えるでしょう。

もっと読む

快適に時間を過ごすために

病院

世田谷区は透析を受けられる病院が多く、患者さんとご家族の負担が減る無料送迎サービスを導入しているところもあります。家から離れていても、送り迎えをお願いできれば安心です。また、治療中、本を読んで有意義に過ごしたいと考えるなら、ブックスタンドも役に立つので覚えておいて下さい。

もっと読む

ぎっくり腰の治療

女性

猛烈な腰痛に襲われるぎっくり腰の正式な病名は急性腰痛症で、整形外科の病院で治療を受けることができます。整骨院で治療をするという選択肢もありますが、整骨院では薬物治療は行われていないので、まずは整形外科で治療を受けてみることが賢明です。ぎっくり腰は腰部の筋肉の炎症が原因ですので、しばらく安静にしていると痛みはなくなります。安静にして腰の痛みがなくなった時でも、念のため整形外科で診察を受けると再発を防ぐことができます。整形外科でのぎっくり腰の治療は薬物治療が中心で、寒冷療法などの物理療法が行われる場合があります。コルセットの装着による装具療法が行われる場合もあり、しばらくの間は腰にコルセットを装着して過ごすことになります。

ぎっくり腰の治療で最も大事なことは安静にすることであり、腰に湿布薬を貼って2日程度安静にしていると腰痛の症状は治まります。何度もぎっくり腰を繰り返す時には整形外科の病院で治療を受けることが必要で、腰痛の再発を防げます。整形外科でのぎっくり腰の治療は、湿布薬や痛み止めの鎮痛剤による薬物治療や、電気や温熱による物理療法が中心になります。ぎっくり腰の再発を防ぐには腰の周りの筋肉を強化することが必要ですので、腰痛体操が効果的です。整形外科の病院では腰痛体操の指導を行っており、腰痛体操の正しい方法を習得することができます。日頃から腰痛体操を実践すると、ぎっくり腰や脊柱管狭窄症による腰痛の予防につながります。

少しでも楽にするために

女性

透析をするのであれば、自宅から近いというのが理想ですが、それが無理というなら送迎をしてあげましょう。その時に行き来が簡単である方が、患者さんはもちろんですが、付き添う人にとっても負担を減らすことができます。また、送迎サービスのある病院に通院したり、介護タクシーを利用してもよいでしょう。

もっと読む