失敗しないために!実際に失敗例から学ぶ不動産投資

入居者が入らない理由は?

投資を始めてみたいと思ったことはありますか?
お金はいくらあっても困りませんし、お金を稼ぐ手段として投資を考える人も増えています。
一言に投資といっても、その種類は多岐にわたります。
例えば株やFXなどもそうですし、広い見方をすれば宝くじやパチンコなども投資の一部です。

その中でも今回ご紹介したいのが「不動産投資」です。
その名前の通り不動産、つまり家やマンションを購入し、その家賃などで収入を得る投資のことです。
株などであれば初めの投資金額をある程度自由に決めることができます。
極端な話をすれば、数千円からでも投資を始めることができるのです。

しかし、不動産投資ではそうはいきません。
扱うものが不動産である以上、初めに投資する金額は数千万以上かかると考えておくべきでしょう。
しかし、初期投資が少ない投資に比べて収入も大きく、また安定して入居者などを集めることができれば、安定した収入を得ることができます。

しかし、逆に入居者が入らない、家賃を得ることができないということになれば、その物件はただのお荷物になりかねません。
持っているだけで毎年、固定資産税もかかってきます。
この大きなお金が動く不動産投資、何が何でも失敗はしたくないですよね。
失敗して後から後悔するには金額が大きすぎます。

でも、成功者が言う一方で失敗した人もいるのが現実です。
このサイトでは、陥りがちな失敗を事例別にまとめてご紹介します。
同じ失敗をしないためにも、先人の失敗を生かした不動産投資が行えるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不動産投資を始める前に

不動産投資で最初に行き当たる問題が、入居者が思うように集まらない、ということかもしれません。 都心の一等地や人気の地域であればその心配もないかもしれませんが、それでも築年数を重ねるごとにその可能性は出てきます。 ここでは入居者が集まらないという失敗が起こりえる条件を事例に沿ってご紹介します。

思ってた収支と違う結果に

不動産投資の為の部兼を契約する目には、必ず試算を行います。 試算とは、このくらいの家賃収入が見込めて、支出はこのくらい、といった計算です。 しかし、あくまで考えられる想定の中の計算になりますので、実際にはじめると全然違った、なんてことも少なくありません。 事前想定と違って失敗した事例をご紹介します。

失敗を防ぐためにできる事

ここまで失敗例をご紹介してきました。 やっぱりリスクが大きいな、怖いな、という印象を持たれたかもしれません。 しかし、失敗例を知り、同じ失敗を防ぐことで成功の可能性を上げることができます。 いくつか失敗を防ぐためのポイントを押さえておきましょう。