医療機関で腰痛改善|薬や器具であんしん治療

病棟

少しでも楽にするために

女性

そばにいてあげる

透析を受けるのであれば、自宅から近いところの方がよいでしょう。なぜなら、患者さんが自ら通うことができますし、何かあった際にもすぐに相談できるなど、メリットが多いです。ところが、必ずしも透析ができる病院が近所にあるとは限りませんし、仮にあったのだとしても、そこが透析患者さんにとってベストなところであるかどうかはわからないわけです。ある程度の時間をかけて移動しなければならないというのであれば、家族の誰かが送迎してあげると良いでしょう。透析というのはとても負担のかかる治療ですから、その上電車やバスに乗ったり、車を運転させるというのは酷というものです。自家用車や免許がないなら、せめて送迎の際に付き添ってあげるだけで精神的に違ってきます。

移動に関して

透析をするのに良い病院であることは当然なのですが、送迎のやりやすいところかどうかという点も、確認を怠らないようにしておきたいです。何年かもしかすると何十年間患者さんと供に、送迎する人も通院するわけですから、例えば車庫入れをするのが難しい、または停める場所をいちいち探さなくてはならないといったことがあっては、やがて嫌になってしまいます。透析を受ける患者さんからしてみれば、送迎をしてもらうだけでも少なからず申し訳ない感じがあるのに、運転に四苦八苦している姿を見せてしまうとますます気分的に沈んでしまうかもしれません。多少は遠くなるのは仕方がないので、せめて行き来に手間取らない病院に行くようにしておくのがお勧めです。また、最近では送迎サービスを行なっている内科もあります。また、そのようなサービスがある場合は積極的に活用しましょう。また、介護タクシーを利用することも一つの手段です。